環境方針
 
 森林資源の保護と育成に寄与し、循環型社会形成の先駆けをいく古紙リサイクル業界において、
靖国紙料株式会社では、古紙(製紙原料)の仕入・選別・圧縮・梱包及び販売、トイレットペーパー及びタオルペーパー等の紙製品の仕入・販売、産業廃棄物(廃プラスチック=RPF原料)の収集運搬ならびに金属くず等の計量業(大阪府公認)を通じて、常に下記のような観点から環境への影響を考慮し、環境への負荷の低減と汚染の予防を図ります。
  1. エコアクション21をベースにして、環境にやさしい経営システムの構築・運営に取り組みます。
    また、仕入から販売までの全業務において、環境関連の法令・条例等を遵守します。
    さらに、近隣地域、関連業界および取引先等から寄せられる環境に関連した要請には真摯に対応し、環境活動の継続的改善に努めます。


  2. 環境目標を設定し、目標達成のために環境活動計画を策定します。環境活動計画は、必要に応じて見直すことにより、環境方針に整合した活動を続けていきます。

    (1) 二酸化炭素の排出量を削減するために、電力、燃料の使用量の削減を一層進める
    →地球温暖化の防止
    (2) 廃棄物の排出量を削減するために、古紙の徹底した分別と社内から出るごみの削減に努める
    →リサイクルの推進および森林資源の保護と育成
    (3) 仕入から販売までの全業務において、水道水使用量を削減する
    →水資源の保全
    (4) 正確な計量業務をおこなうために、計量機の点検を励行する
    →故障などの防止
    (5) グリーン購入を進める
    →環境負荷の低減と資源・エネルギーの循環的利用



  3. 全従業員に環境方針を周知します。そして、環境活動計画の進捗状況や環境目標の達成状況を、文書やホームページなどを用いて、全従業員だけでなく、近隣地域、関連業界および取引先等にも伝達します。

    2008年10月 1日 制定
    2009年 7月 1日 改定
    2010年 8月28日 改定
    2011年 7月12日 改定
    2013年 8月26日 改定

    靖国紙料株式会社
    代表取締役社長 竹内 庸二